Yamanashi / Japan
美術館めぐり

富士川・切り絵の森美術館(身延町)

富士川・切り絵の森美術館(身延町)

富士川・切り絵の森美術館 時計台ギャラリー

身延町にある「富士川・切り絵の森美術館」は、日本では数少ない切り絵専門の美術館として、2010(平成22)年に開館しました。

山梨県の富士川沿いに広がるこの地域は、古くから和紙作りが盛んで、「切り絵の森美術館」も手すき和紙と切り絵のコラボレーションをテーマにしています。

美術館は、53haの広大な敷地を誇る「富士川クラフトパーク」の中にあり、常設展の「時計台ギャラリー」と「道の駅ギャラリー」、また企画展の「芝生ギャラリー」の三つのギャラリーから成り立っています。

あわせて読みたい
山梨県富士川クラフトパーク(身延町)山梨県富士川クラフトパーク(身延町) 富士川クラフトパーク 公園管理事務所・切り絵の森美術館常設展 「山梨県富士川クラフトパーク」は...

道の駅ギャラリー

共通券で入館できる「時計台ギャラリー」と「道の駅ギャラリー」の常設展示には、山梨県富士吉田市出身の「百鬼丸」さんを始め、「関口コオ」さんなど国内外の有名な切り絵作家の作品が約250点展示されています。

「切り絵」というと、昔懐かしい寄席などの「紙切り」のイメージがありますが、「紙切り」は紙をはさみで切り形を作っていく伝統芸能のことで、「切り絵」とは別のものです。


それに対して「切り絵」は絵画手法の一つで、紙を切り、その独特の切り口の線や断面を生かしながら貼って描いていくものです。

また白と黒のモノトーンの印象が強いですが、色彩豊かな作品も多く、一枚一枚が実に鮮やかで、繊細さの中にそれぞれの作家の独自の世界観が表れています。

日本において切り絵の歴史は意外に古く、奈良時代に神事で使われていた伝統様式や、京友禅の型紙から発展したとも言われ、切り絵芸術については、いまだにその定義や技法は確立されていないようです。

芝生ギャラリー

「芝生ギャラリー」で行われる企画展示では、訪問したこの時は「坂部信子のきりえ展」を開催していました。

坂部信子さんは、愛知県岡崎市在住の切り絵作家で、1975年頃から切り絵に取り組み、国内外のスケッチ旅行を通して人々の暮らしや風景・祭りなどを描き続けています。

光を効果的に使って描いた彼女の作品は、もはや切り絵というより、工芸と絵画の両方を合わせた総合芸術といってもいい印象でした。

坂部信子 『桜屋台』

坂部信子 右:『岡崎城と五万石藤』 左:『岡崎市立図書館(りぶら)』

「切り絵の森美術館」は、ギャラリーが公園内に点在しているというのも広い敷地ならではの特徴で、緑豊かな自然の癒しを感じながら、切り絵の持つ独特の世界観に浸ることのできる美術館です。

美術館情報

富士川・切り絵の森美術館[web

住所:山梨県南巨摩郡身延町下山1597[地図を見る

電話番号:0556-62-4500

開館時間:午前9時30分~午後5時30分(4月~9月)

午前10時~午後5時(10月~3月)

休館日:毎週水曜日(祝日は翌日)

入館料:常設展2館で一般500円、小中学生200円 企画展は別途


[PR]

[PR]CMでおなじみ WEBで簡単ふるさと納税『さとふる』

ABOUT ME
なえ
なえ
山梨生まれ山梨育ちのおばちゃん(おばあちゃん)です。二人の男の子の子育てもここ山梨で行いました。地元山梨の色々な場所を巡りながら感想やおすすめ情報などを書いていきたいと思います。巡るのはまず美術館、それから酒蔵やダムなども考え中です。