Yamanashi / Japan
美術館めぐり

久保田一竹美術館(富士河口湖町)〜染色家の世界観を丸ごと表現、ミシュラン三ツ星の美術館〜

久保田一竹美術館

久保田一竹美術館は、1994(平成6)年、開館。

染色家久保田一竹の、「一竹辻が花」の作品を常設展示する美術館です。

一竹は、江戸時代初期に忽然と姿を消した染色技法「辻が花」の美しさに魅せられ、その復刻に全力を注ぎ、長年の研究の末に独自の技法を創案。「一竹辻が花」として、現代に蘇らせました。

東京から河口湖に向かう車中で、突然姿を現した雄大な富士を見て、創作意欲が沸々と湧き上がるのを感じ、自分の美術館を建設するなら、ぜひこの地にと建設が決まったそうです。

作品だけでなく、庭や建物、調度品の配置に至るまで、一竹本人が手掛けているというこの美術館は、かつてミシュラン観光ガイドの三ツ星を獲得しています。

インドの古城に使われていたという正門を入ると、赤松や楓が生い茂る小径へと続きます。

小径を上がると、スペイン風の新館に着きます。新館は、琉球石灰岩でできているそうです。

新館の中には、アフリカや、インドのアンティーク家具、また一竹がコレクションした蜻蛉玉(とんぼだま)が展示され、様々なオリジナル製品を揃えたショップがあります。

新館を抜け、更に石段を上ると、樹齢1000年を超える、ヒバの木16本を使用して組み立てられた、本館に着きます。

ここまでのアプローチは、アジアン、スペイン、アフリカと実に多国籍ですが、不思議な一体感があります。

さらに本館に入ると、時代も国境も超え、一気に幽玄な世界へと誘われます。

富士山をテーマにした作品や、未完の大作「光響(こうきょう)」という連作が、吹き抜けの舞台のようなところに展示されています。

スタッフの方に伺ったところ、一竹の描く富士山は全て、山梨側から、そして、冠雪の季節のものだそうです。

紹介ビデオ(15分ほど)を鑑賞してから、作品を観ると、一枚一枚の着物が、なお一層胸に迫ってきます。

この美術館には、一竹本人の作品を104点所蔵しているそうですが、海外展示で貸し出したり、年に数回入れ替えをしているので、その時のタイミングで、出会える作品も違います。


国内には、ほとんど貸し出さないので、一竹辻が花を観たければ、この美術館に来るしかないと言います。

やはり、この自然、建物、作品が一体となっているこの世界観の中で、作品を鑑賞するのが一番だと思います。

展示室の奥には、茶房「一竹庵」があり、庭を眺めながら、抹茶など頂けます。

 

美術館情報

久保田一竹美術館[web

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口2255[地図を見る]

電話番号:0555-76-8111

開館時間:4月~11月 午前9時30分~午後5時30分、12月~3月 午前10時~午後4時30分

休館日:火曜日、12月26日~29日他

入館料:一般 1300円、大・高校生 900円、小・中学生400円

河口湖周辺の美術館とのコラボ割引あり

 


近くのおすすめスポット

もみじ回廊

文字通り、もみじが回廊のように植えられてあり、散策できます。秋には圧巻の眺めです。

秋のもみじ回廊

もみじ回廊[web

 

近くのおすすめカフェ


レイクベイク

河口湖畔の手作りパン工房です。

テラス席から

レイクベイク[web

スローガーデン砧

天然酵母のパン屋さんです。湖畔から少し奥にはいりますが、併設のカフェや古い蔵を利用したギャラリーもあり、素朴な味わいのパンが人気のお店です。

スローガーデン砧[web

ABOUT ME
なえ
なえ
山梨生まれ山梨育ちのおばちゃん(おばあちゃん)。セカンドライフ。地元山梨の色々な場所を巡りながら感想やおすすめ情報などを書いていきたいと思います。巡るのはまず美術館、それから酒蔵やダムなども考え中です。