Yamanashi / Japan
公園めぐり

花見の名所、大法師公園の桜【感想・口コミ】

花見の名所、大法師公園の桜【感想・口コミ】

大法師公園

大法師公園は富士川町にある公園で、大法師山という標高350mの小高い山がそのまま公園になっています。

頂上近くは平らな広場に整地されていて、ソフトボール場やテニスコート、遊具などもあり、家族でピクニックに訪れるのに最適です。

特に春は桜の名所として有名で、山梨県内で唯一「日本のさくら100選」に選ばれました。

公園内の桜は、ソメイヨシノやサトザクラ、シダレザクラなど約2000本。毎年3月下旬から4月上旬にかけて山全体が淡いピンク色に染まるさまは、一度訪れると忘れられない光景になります。

例年、開花時期に合わせて10日間ほど富士川町主催の「大法師さくら祭り」が催されます。

※2020年の「大法師さくら祭り」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止になりました。ただし桜の見学はできますし、駐車場も無料になります。

公園 桜

さくら祭りには、県内外からの多くの観光客が訪れ、特に土日は駐車場への入場も順番待ちで渋滞になるほどです。混雑を避けたい場合は、平日に行くことをおすすめします。

桜を眺めながらの登山

駐車場は頂上付近にありますが、さくら祭りのときは、麓にも臨時駐車場が開設されますので麓に車を置いて、歩いて花見をしながら登って行くのもいいかもしれません。麓からはゆっくり歩いて20分ほどで着きます。

歩くのが大変な人は頂上付近まで車で行くことができます。ただし、見頃の時期は二輪車も含め山の上りと下りが一方通行で、特にさくら祭りの期間は駐車場も有料になります。(普通車500円、二輪車100円、マイクロバス1500円)

※2020年は通常の頂上付近の駐車場のみで、無料。麓に臨時駐車場は開設しません。

所々にあるあずま屋

頂上には芝生広場も

山の頂上は整地された公園になっていて休憩場所もありますが、他にも芝生広場やあずま屋がなどがあり、敷物を持って行くと、色々な場所で花見をすることができます。

大法師公園は、桜はもちろんのこと山の上からの絶景も見応えがあります。

桜と富士

眼下を流れる富士川をはじめ、甲府盆地や富士山、遠く八ヶ岳や奥秩父まで眺めることができ、その桜とのコラボレーションはしばらく時間を忘れてしまうほど美しい眺めです。

八ヶ岳を望む

甲府盆地と奥秩父の山々

また、頂上には画家・竹久夢二、作家・望月百合子の歌碑があります。幼い頃から夢二と親交のあった富士川町出身の望月百合子の発案で歌碑が建立されました。

望月百合子 歌碑

竹久夢二の生涯の恋人と言われた笠井彦乃は、お隣の身延町出身で、富士川町は二人の恋の舞台だったと言われています。夢二の遺品から当時の富士川舟運や、旅館の写真が発見されています。

竹久夢二 歌碑

公園情報

大法師公園〔web

住所:山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢2175〔地図を見る

大法師公園への行き方

電車:JR身延線鰍沢口駅下車 車で約6分

車:中部横断自動車道増穂ICから約10分

電車で行く場合は鰍沢口駅からタクシーを使うしかありません。駅から徒歩で行く場合は大法師山登山も含め、約40分くらいかかります。

車の場合は、さくらの時期は山の上り下りが一方通行になります。

駐車場

通常時:無料 普通車400台(頂上付近に4箇所)

さくら祭り開催時:駐車料 普通車500円、二輪車100円、マイクロバス1500円

臨時駐車場:公園内(ソフトボール場)、麓2箇所(土日のみ臨時送迎あり)大型バス専用駐車場

公園 桜

近くのスポット

つくたべかん〔web

大柳川渓谷沿いの、富士川町十谷じっこく地区にある「つくたべかん」では、地域に伝わる郷土料理を提供したり、味噌や手作り菓子など地元特産品の販売をしたりしています。

特に、この地域独特の名物「みみ」と言われる料理は、小麦粉を伸ばしての形をしたものを地元で採れた野菜と味噌で煮込んだ伝承の味です。

ここでは、地元のお母さんたちが講師になって、料理体験教室も開いています。伝統の味を自身の手で「つくって」「たべて」「かんじて」ほしいという思いから、「つくたべかん」というなまえにしたそうです。

大柳川渓谷〔web


富士川の支流、大柳川沿いにある渓谷で、約1時間30分で散策できる遊歩道が整備されています。(ただし地形が起伏に富んでいますので、スニーカーを履くことをおすすめします)

渓谷沿いには、5つの滝や大小10本の吊り橋、形の珍しい橋などもあり、変化に富んだ散策路を歩きながら四季折々の自然を満喫することができます。特に、イロハモミジやイタヤカエデなどが紅葉する秋は美しさも格別です。

近くの温泉

大法師公園近くには車で20分ほどのところにいくつかの温泉があります。日帰り温泉施設もありますので、散策の後の疲れを癒すのに立ち寄ってみてはいかがでしょう。

鰍沢温泉かじかの湯〔web

大柳川渓谷近くの日帰り温泉施設です。山間部にある施設ですが、地元の人だけでなく、渓谷のトレッキング帰りの観光客も多く訪れ、疲れを癒す憩いの場になっています。

十谷温泉 山の湯〔web

大柳川の源流、源氏山の麓に宿泊温泉施設が1軒あります。手つかずの自然が溢れ眺望が自慢の素朴な味わいの温泉民宿です。

赤石温泉〔web

信玄の隠し湯のひとつといわれている温泉で、鉄分を多く含んだ温泉、手作りのお部屋や露天風呂など秘湯の魅力溢れる温泉宿です。

ABOUT ME
なえ
なえ
山梨生まれ山梨育ちのおばちゃん(おばあちゃん)。セカンドライフ。地元山梨の色々な場所を巡りながら感想やおすすめ情報などを書いていきたいと思います。巡るのはまず美術館、それから酒蔵やダムなども考え中です。