Yamanashi / Japan
美術館めぐり

河口湖ミューズ館・与勇輝館(富士河口湖町)〜昭和の香り漂う人形の機微を堪能〜

河口湖ミューズ館・与勇輝館

河口湖ミューズ館は、1993(平成5)年、開館。

河口湖美術館の分館であるミューズ館は、創作人形作家、与勇輝(あたえ ゆうき)の作品を常設展示しています。

館内に入ると、小さなミューズたちが、一斉にこちらを見て歓迎してくれます。

約80体の人形は、どの一人をとっても自然体で、表情が生き生きとし、とても布でできているとは思えません(所蔵は100体以上あるが、半年ごとに入れ替えを行っている)。

作者は、人形の指先から髪の毛の細部に至るまで、さらに身に着けている着物や洋服、小物まで、全て手作りしています。

特に、表情の大事な要素である「しわ」を作るには、古い木綿でないと表現できないと、布には強いこだわりがあると言われています。

素材は軽いと思われるのに、人形は全て、自立できるそうです。「布の彫刻」と言われる所以がここにあります。

まるで魂を吹き込んだかと思われるほどの一体一体を観ていると、人形を通して、作者の「人間」そのものに対する愛情と、移り行く時代から「失われていくもの」への愛惜の念が伝わってきて、じんわりと感動が広がっていきます。

館の外は、八木崎公園に通じています。

公園には、ラベンダーはじめハーブが数多く植えられてあり、初夏を迎えると薄紫の空気の中、甘い香りが漂い、何とも言えないノスタルジーあふれる美術館となります。

毎年、6月下旬~7月中旬になると、「ハーブフェスティバル」が開催されます。

尚、ミューズ館では、制作にあたって、古い木綿布を募集しています(詳しくはHPまで)。

 

美術館情報

河口湖ミューズ館[web

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町小立923[地図を見る]

電話番号:0555-72-5258

開館時間:午前9時~午後5時

休館日:木曜日(6月~8月は無休)、年末他

入館料:一般・大学生 600円、中・高校生 400円、小学生以下無料

 


近くのおすすめカフェ

館内にもガラス張りのカフェや、ガーデンもありますが、歩いて数分の所におしゃれなカフェがあります。

不曹庵(ふそうあん)

ランチもある甘味処です。ミューズ館の人形たちを観た後は、なぜか和風の甘味に惹かれます。

不曹庵[web

 


CISCO(シスコ)

サンフランシスコのコーヒーが飲めるカフェです。白を基調とした店内、テラス席はペットも可というのも嬉しいです。

CISCO[web


[PR]

[PR]CMでおなじみ WEBで簡単ふるさと納税『さとふる』

ABOUT ME
なえ
なえ
山梨生まれ山梨育ちのおばちゃん(おばあちゃん)です。二人の男の子の子育てもここ山梨で行いました。地元山梨の色々な場所を巡りながら感想やおすすめ情報などを書いていきたいと思います。巡るのはまず美術館、それから酒蔵やダムなども考え中です。